日記や雑談

【今すぐできる0次の備え】もしもの時の為に防災ポーチの備えよう!0次の備えは地震や災害時以外にも役に立ちます!

 

非常食などの防災用品を家に置いている方はいると思いますが、

日頃持ち歩く「防災ポーチ」はあまり持っている方はいないかもですね。

少なくとも自分の周りにはいないです。

 

 

台風なら事前に来ることがわかるかもしれないけど、ゲリラ豪雨や地震など予知できない災害もありますよね。

そんな時に出先で土地勘のない場所ならパニックになりそう。

というわけで私自身は基本的にはいつも持っています。

 

災害以外だと、例えば車の渋滞にハマってしまったり立ち往生してしまったりした時にも使えるし(携帯トイレ、非常食など)

防災ポーチ自体はそんなに嵩張りませんし、重くもありません。

持ってて損はないと思います!

 

大げさって笑う人も多いですけどね。なんとかなる!!!と謎の自信がある人もいますけどね。

自分を守るためのアイテムなんです。

 

 

防災ポーチの中身

 

 

 

ちなみに!私の防災ポーチに入れているものはこんな感じ。※飲み物は常に持っている前提

基本は通勤バッグに入れっぱなしですが、遠くへ出かける時や、写真を撮りに行くときも持って行っています。

 

防災ポーチの中身
緊急連絡先のメモ スマホを紛失したり壊れた時用に必要
現金(主に小銭) 災害時や停電時はキャッシュレス決済が出来ない為、主に小銭で3000円~5000円程度。札よりは小銭が使いやすい。
予備の眼鏡 手指の衛生面などを考えると、コンタクトではなくメガネが便利。
個包装マスク、除菌ウェットシート マスクを数枚。除菌グッズはあればあるほど安心。
モバイルバッテリー 出来るだけ大容量のもので、信頼できるメーカー品が良い。
非常食 出来ればカロリーメイトやソイジョイなど。お菓子や飴でもOK
非常用トイレ あれば安心。
LEDライト 停電したりすると夜は怖い。ヘッドライトか首掛け式で両手が空くものを推奨
常備薬、消毒、絆創膏など 薬は簡単に手に入らないと思うので、飲みなれているものをいくつか用意。
処方されているお薬を飲まれている人は「お薬手帳のコピー」を持っていればスムーズ。
ビニール袋 なにかと使うと思うし、かさばらない。ゴミ袋ぐらい大きいものでも防寒具になるので非常に便利。
エマージェンシーシート 寒い時期は必須。バッグ容量に余裕がある人はコンパクトなライトダウンなどがあればいいかも。

 

以下解説していきます。

 

 

緊急連絡先のメモ

もしこの日に限って家にスマホを忘れてきたら?万が一落として壊れたら?紛失したら?電池切れになったら?

スマホに連絡先は入っていると思いますが、逆にスマホがなければ何も分かりませんよね・・・

家族の安否確認が取るためにも、各連絡先を書いたメモを入れておきたいですね。

また、事前にどこに避難をするのか、どこで落ち合うのかを確認しておくことも大事だと思います。


 

 

 

 

 

現金(主に小銭)

こちらも必ずいります。災害時は恐らくキャッシュレス決済が出来ません。

公衆電話は災害時にも使えますが、10円入れないと使えない機種もあります。

-

実際に災害時にあった話ですが、飲み物や食べ物などを買いたい時に1万円札を出すと【(店側が)おつりが出せないから売れない】といって売ってくれなかったという話があります。

こういう時はスーパー等でも極力おつりが出ないように1000円ちょうど、500円ちょうどで商品を売ることも多いようなので

「500円、100円、50円、10円」など細かくして持ちましょう。3000~5000円分ぐらいあればいいかも?

-

最近はキャッシュレスの時代になり、そもそも現金を持ち歩いている人は少ないようですが、こういう時に1番困ると思います。

災害時以外にも停電した時点でアウトですし。

 

 

 

 

 

 

予備のメガネ ※目が悪い人のみ

普段目が悪くてコンタクトの方、非常時には大変困ると思いますので、ぜひ予備のメガネを持っていてほしいです。

特に1day以外の使い捨てタイプはコンタクトの液や容器がないと保存出来ません。

就寝の時に外しても、「すぐまた余震があるかも」「また津波が来るかも」という時に、コンタクトをつける暇なんてないですよね。

-

眼鏡なら液やら容器やらのメンテナンス品もいりませんし、最悪手指が清潔に出来ない時でも、問題なくつけられます。

裸眼での生活が厳しいぐらいに目が悪い方はぜひ持っておいてください。

 

 

 

 

マスク、衛生用品

マスクや消毒ジェルやアルコールは、感染症対策にも必須。あればあるほどいいです。

マスクは衛生用品ジップロックなどに入れておくか、個包装のものを用意します。



 

 

 

 

 

大容量モバイルバッテリー

出来れば1回で充電が満タン出来るものが理想。

忘れがちですがバッテリー本体以外に「今使っているスマホに対応したケーブル」も必要。USB-BじゃなくてUSB-Cだったなんてこともあるので。

-

なんとなくメーカー名がついているものがよくてエレコムで揃えました。

ちなみにエレコムのアウトレット商品(わけあり品)めちゃくちゃ安いですよ。楽天にもヤフーにもショップがあります!


 

 

 


 

頭痛薬、絆創膏など救急セット

処方されたお薬を飲んでいる方はお薬手帳をコピーしておきましょう。

あとは飲みなれている頭痛薬なども入れておきましょう。絆創膏や清潔なガーゼなども止血に使えて便利です。

-

女性は衛生用品を必ず入れておきましょう(デリケートな事なので避難所でもかなり言い出しにくいと思われます)


 

 

 

 

 

非常食

個人的にはカロリーメイトチョコレート味が好きなので、1箱入れています。

一本満足バーとかソイジョイなどこういう系は種類もあるので、実際に食べて美味しかったものを入れておくと精神的に落ち着きます。

-

それに加えて、冬場はのど飴もいいですね。喉を傷めた時用に龍角散のダイレクトスティック(粉末)もいいかも。

夏場なら熱中症対策タブレットを入れておくといいと思います。

夏に関しては個包装にされた「塩」そのものを入れる方もいるようです。塩は賞味期限がないし、溶けないのでいいですね。

 

お子様がおられる方は、普段から好きなお菓子を入れておくと更に良いと思います。

例えば夏場でも溶けないようにコーティングされたチョコ(森永のベイク、明治マーブルチョコ系)、子供用おせんべい、ラムネなど。

 

 

 

 

 

 

エマージェンシーシート

100均やホームセンターにも売っているシャカシャカのアルミのシートです。

寒さ対策はもちろん、突然の雨の時にもかぶれる雨具替わりにもなります。

 

 

 

 

 

 

非常用トイレ

携帯できる非常用トイレ。100均にもあります。そんなに嵩張らないので万が一に備えて数個あると安心。

 

 

 

 

 

 

LEDライト

停電したりして、真っ暗な中歩くことになったら絶対必要です。

足元含めてどこになにがあるか分からないので「軽量で、両手が空く首から下げれるものor頭につけられるもの」がベスト🙂

スマホでもいいですが、さすがにちょっと暗いし、電池の消耗も気になります。。

 

 

 

 

 

 

ペン、メモ帳、ミニハサミなど文房具

こちらは緊急性は高くはないですが、役に立つと思うのであったほうがいいかも?

 

 

 

 

 

 

ビニール袋数枚

あればあるほどいいです。

汚れたものを入れるのはもちろん、最悪、中に新聞紙などを敷いて非常用トイレ替わりに使えます。

赤ちゃんがいるご家庭はビニール+タオルでオムツ替わりに使えます。

 

 

 

 

スマホがあれば情報収集できる!防災に役立つアプリ

 

もし万が一の時にスマホが手元にあれば心強いです。情報収集もアプリで出来ます。

 

私が入れているアプリ

「NHKニュース防災アプリ」
災害時の情報が早いのと、大雨などの災害時には地上波のNHKニュースがリアルタイム配信されます。

「Y!防災速報」
Yahoo!防災アプリは通知機能の多さ(豪雨、地震、避難情報、津波予報、Jアラートその他まだあり)が魅力。
位置情報をオンにしていると現在地周辺の避難場所リストも調べられるので出先では便利かと思います。

「NERV防災」
地震情報がものすごく早い。
あとは画面がとにかく見やすい。フォント、デザインが素晴らしい(←?)

 

 

その他、あった方がよさそうなもの

 

出来れば、家族写真が1枚あればいいかなと思います。

「えー?スマホでいっぱい撮ってるよ?(笑)」と思われるかもしれませんが、現像した写真があればコピーしたり出来ます★

 

お子さんがいる方は、おもちゃなどを持っておくと良さそうですが・・結構かさばるのでシールブックとか良さそうですね。折り紙とか?


 

 

あとがき

 

こちらも参考にしてくださいね★

関連記事
防災にも役に立つ「グーグルマップの現在地の共有」はおすすめ。家族や身近な友人などといつでもどこにいるか分かる超便利なツール!

contents1 現在地の共有ってなに?1.1 設定の仕方1.2 デメリットもある2 防災にも役立てよう!   私は高知県に住んでいるので、常に予測のできない南海トラフや津波など災害が気に ...

続きを見る

 

 

モバイルバッテリーなどの製品や、非常食以外は車に置いておいてもいいと思います。

私は車には上記のグッズと、着替えを1式乗せています。

車用の保存水は-20℃以上80℃以下の環境にも耐えられるという、グリーンケミーの7年保存水を常備。


 

↑数年前にこの保存水を買って車に置きっぱなしなのですが、正直飲むのに勇気いりますね🤣 大丈夫なのかw

 

という事で

防災ポーチ、1つあるといいですよ!という話でした。

 

「はぁ???そんなものいらんしww」 「大げさすぎるw」と思っている方に言っても仕方ないので、

「そういうの用意してみてもいいかも」と思った方はぜひ参考にしてください😊

きっと役に立ちます。

災害時は自分だけでなく周りの方もパニックになっていると思います。

当たり前ですが、そんな時に誰も手を差し伸べてくれないんです。

自分自身の身を守るために、出来るだけの事をしておいてもいいかなと思います。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

黒宮けいと

高知県在住。 使っているカメラは一眼レフのNikonD750とNikonZfc。 ご用のある方はお手数ですが、SNSのDMからご連絡ください。 詳しいプロフィールはこちら

-日記や雑談