撮影日記 高知県東部

廃校の小学校が水族館になった!?「むろと廃校水族館」高知県東部の人気観光スポット

 

平成30年にオープンしたむろと廃校水族館。

オープンから3年経った今まで、大体片道2時間という事もあり、なかなか「行ってみよう!」とはならなかったのですが

ちょうど予定のない休日があったので行ってみました。

 

台風が通過した直後で海沿いを走ったので車がどえらい事になりました🤣w

海から飛んでくる塩で真っ白の点々が(笑)

 

 

むろと廃校水族館

 

むろと廃校水族館とは?

むろと廃校水族館(むろとはいこうすいぞくかん)は、高知県室戸市室戸岬町にあった旧室戸市立椎名小学校(1874年創設。2001年閉校、2006年廃校)を改修して、2018年4月26日に開館した水族館。運営管理は特定非営利活動法人(NPO)「日本ウミガメ協議会」のメンバーが行っている。
海水魚など約50種1000匹を飼育しており、全て地元漁師から譲り受けたもので、規模が小さいながらも希少性の高い魚類や大型の海洋生物などが搬入されることが多い。イセエビ、ナマコ、ウミガメ(アカウミガメとアオウミガメ)もおり、一部は来場者が触ることもできる。Wikipediaより引用

 

 

帰ってきてレタッチして気づいたんですが、あんまりお魚の写真撮ってなかったです🤣

水族館らしい写真はこれだけ。あとは教室や廃校な部分を撮ってる方が多くて(笑)

 

 

 

社会人になり○○年。

普通に過ごしていて「学校」に入る機会ってないですからねえ。懐かしい。

なんか良いですよね~教室の机の感じ、匂い、置いてあるものとか。ノスタルジー。

 

廃校の小学校がそのまま水族館に生まれ変わるなんて、普通じゃ考え付かないですよね。

ちなみに訪れたのは平日。でも駐車場はまあまあ埋まってて、結構人はいました。人気です。

入場料は大人は600円で室戸市民の方は割引があるようです(いくらなのかは不明)

 

 

 

写真2枚目。図書館もそのままあるので、普通にいろんな本を読んだりできます。

図書館の角にはひっそりと「むろと水族館のオリジナルプリントシール機」が!!

なぜか本棚と一体化していますがw 知らなければスルーしてしまう!? ちなみに「ぶりのフレーム」もあるみたいです(笑)

 

 

 

音楽室には子供の遊べるスペース、アイスの自販機など置いてあって子連れの方が休んでいました。

鉄琴、木琴、小さいドラム?、足踏み式オルガン、ハンドベルなど自由に音を鳴らして良いそうです。

 

 

 

書いてある順路をたどっていくと最後にはプールがある場所に出ます。

この日はなにか作業をしていたようで、魚があまりおらず残念。プールのところに水族館の出口があります。

 

 

 

廃校とか廃墟好きなので、ちょっと撮らせてもらいました🥰

といっても廃校になって15年。水族館以外の部分もそんなに朽ち果ててはないです。

 

 

最後にチケットを買った場所でぶりくじにチャレンジ!!!

なんと結果3等~!!!

 

 

ちなみにこの日、特賞が出た方もいましたよ!!うらやましい!

 

 

むろと廃校水族館へのアクセス

 

アクセス情報
名称 むろと廃校水族館(むろとはいこうすいぞくかん)
住所 室戸市室戸岬町533-2
電話番号 0887-22-0815
営業時間 4月~9月 9:00~18:00 /10月~3月 9:00~17:00
入場料 大人(高校生以上):600円 子供(小・中学生):300円 未就学児は無料
定休日 年中無休
駐車場 あり
その他

 

 

使用カメラ、レンズなど

 

 

カメラデータ

使用カメラ:D750

使用レンズ:TAMRON 17-35mm F/2.8-4 Di OSD (Model A037)

 

にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kate

高知県在住。 使っているカメラはNikon D750。主に高知で写真を撮っています。カメラ以外の趣味はドライブとかアプリゲームと色々。よろしくお願いします。 詳しいプロフィールはこちら

-撮影日記, 高知県東部

© 2021 RITO.photograph