撮影日記 高知県中部

キャンプや釣りで人気の種崎海水浴場で散歩しつつ写真撮影を。

 

2020年最後の写真撮影は「種崎海水浴場」へ来てみました!

種崎千松公園も敷地内にあります。こちらは今はキャンプをされている方に人気のようですね。

 

種崎千松公園は太平洋に面した地にあり、藩政時代に防潮林として植樹された松林の一部です。この一帯は古来から風光明媚な場所として親しまれています。公園内のキャンプ場では夏になると多くの人々が利用し、賑わっています。高知県庁サイトより

 

千松公園(せんしょうこうえん)は公園全体に松が植樹されています。

日本の白砂青松100選に選出されているそうですよ。Wikipedia情報

 

海水浴場といえばヤシイパークなどがありますが、高知市内で唯一の海水浴場は種崎だけとなります。

とはいっても、どちらかというと釣りの方やキャンプの方がメインにいらっしゃる感じです。

海ならヤシイパークへ行く方が多いかも。ヤシイパークは売店や食事ができる場所もありますが

種崎海水浴にはないので。(賑わっていた頃は売店がありましたが今はありません・・)

 

かわいい休憩所。何気にこういう港を感じるデザインの休憩所や日時計が好きです。横浜っぽくないですか?(笑)

 

しかしここの公園自体、津波対策等で再整備が行われるそうで・・この景色も変わってしまうのかもしれません。

 

夕暮れの時間がくるまでぶらぶらと写真を撮っていました~。

 

種崎突堤(赤灯台)さすがに夕方は釣り人の方たちはいませんね。貸し切りでした。

そこからさらに時間がたつと・・↓

 

 

マジックアワー。めちゃくちゃいい画ではありませんか?!

 

kate
浦戸大橋と夕暮れ、これが撮りたかったんです。
撮りたかったという割に写真が2枚しかないのは構図がほぼほぼ同じものを沢山撮っていたから・・

 

いつもの事ながら三脚は置いてきてしまったので手持ち撮影。(三脚持ち歩くクセをつけなくては・・)

 

砂浜を歩いて、最初に写真を載せていた休憩所まで戻ってきました。何を撮ってもいい感じになる時間帯。

かわいいヤシの木にも灯りがともります。

 

 

夜の雰囲気もいいし、素敵な場所でした~

 

冬場だけかもしれませんが・・暗い時間帯に砂浜を歩く場合、背の低い枯れた草(木)のある場所があるので気をつけてください。

足元に少しでも露出があると刺さって痛いです。

 

種崎海水浴場(たねざきかいすいよくじょう)へのアクセス

 

入口はここ。分かりづらいですが真っすぐに行くと浦戸大橋へ(桂浜方面)。

斜め左に入ると千松公園(せんしょうこうえん)になり、海岸へ行ける道があります。

 

アクセス

種崎海水浴場

[住所] 高知県高知市種崎

ナビで検索しても出てこない場合は

ファミリーマート高知種崎店(高知県高知市種崎820−1)や

種崎自動車教習所(高知県高知市種崎869)などで検索すると近くまで来れます。

-

[駐車場] あり。

浦戸大橋の下を道なりに真っすぐ行くと左右に分かれる道に行きあたります。

左へ曲がってまっすぐ行くと駐車場があります。浦戸大橋の下に停めてもOK。

 

使用カメラ、レンズなど


 

カメラデータ

使用カメラ:D750

使用レンズ:TAMRON 17-35mm F/2.8-4 Di OSD (Model A037)

AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED

にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kate

高知県在住。 2020年からカメラを始めました(使っているカメラはNikon D750)カメラ以外の趣味はカフェ巡りとドライブなど。よろしくお願いします。 詳しいプロフィールはこちら

-撮影日記, 高知県中部

© 2021 RITO.photograph